平成27年広報いとしま12月1日号
10/28

 県では、毎年12月を「県下一斉徴収強化月間」に定め、さまざまな徴収対策に取り組んでいます。 これは、個人住民税をはじめとする地方税の徴収率の向上と、滞納の縮減を目的にしています。 具体的には、①広報による納税推進、②滞納者へのNo.142(平成27年12月1日号) 広報 いとしまNo.142(平成27年12月1日号) 広報 いとしま10糸島市収税課☎(332)2067問県下一斉徴収強化月間STOPSTOP滞納!!12月は徴収強化月間徴収対策を強化します納税が難しいときは早めに相談しましょう福岡地区合同公売会 福岡地区合同公売会 福岡地区合同公売会  市では、県や他市町村と連携し、下記のとおり合同公売会を開催します。滞納者から差し押さえた財産を出品し、入札により参加者に売却します。糸島市からは液晶テレビなどを出品する予定です。 参加に必要なもの印鑑、身分証明書(運転免許証・健康保険証など) その他 滞納市税が完納された場合など、公売が中止になることがあります。~糸島市で合同公売会を開催~in 糸島 日 時 平成28年1月16日(土)9時30分開場 場 所 糸島市人権センター(前原東2-2-1)催告強化、 ③預金などの差し押さえやタイヤロック、家宅捜索などの滞納処分の強化を行います。 家宅捜索で発見した貴金属や家電製品だけでなく、タイヤロックにより自動車なども差し押さえています。差し押さえた動産は、公売会やインターネット公売を通じて換価し、税金に充当しています。 失業など、特別な事情があって、どうしても納期限までに納税できない場合は、早めに糸島市収税課に相談してください。 市では、平日相談に来られない人のため、毎月第3日曜日に納税相談を行っています。ご利用ください。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です