平成27年広報いとしま12月1日号
19/28

  必ず受け取りましょうマイナンバー通知カード 個人番号(マイナンバー)の通知カードは、お手元に届いていますか。初回の郵便配達は、11月下旬〜12月上旬頃の到達を予定しています。世帯単位で送付しますが、まだ郵便が届かない人は、次のことが考えられますので、ご確認ください。①10月2日以降に、糸島市に 転入した 通知カードは、原則、10月2日時点で住民票がある市町村から送付します。そのため、10月2日以降に糸島市に転入した人は、送付が遅れる可能性があります。 また、10月2日以降に子どもを出生した場合や、市内で転居した場合も同様です。②住民票の住所に、誰も住ん でいない 通知カードは、転送不要の「簡易書留郵便」のため、ポストには投函されません。 郵便局が配達する際に、何らかの理由で住所地に誰も住んでいない場合や、不在だった世帯の人も配達されません。 なお、10月2日以降に「居所情報登録申請」を提出した場合は、通知カードが市に返戻された後、登録された住所に送付します。しばらくお待ちください。 郵便局での保管期限を過ぎた通知カードは、全て市役所に返戻されます。返戻された通知カードは、市で一定期間(約6カ月)保管します。 また、郵便転送をかけている人は、通知カードが市に返戻された際に、案内通知を普通郵便で送付します。通知を確認の上、市民課窓口まで受け取りに来てください。その際は、運転免許証などの本人確認書類が必要です。  なお、10月以降に死亡した人にも、通知カードが届きますので、市に返還をお願いします。 市役所に返戻された通知カードは、保管期間の6カ月を過ぎると廃棄します。 廃棄後に受け取る場合は、一人につき500円の再交付糸島市市民課問☎(332)2065 マイナンバーは、市民一人ひとりが持つ12桁の個人番号。いろいろな機関が持っている個人の情報を連携するために整備します。1 面倒な手続きが簡単になる2 手続きが正確で早くなる3 給付金などの不正受給を防止する などマイナンバーは 便利で公平な社会をつくるための「1人に1つの番号」手数料が掛かります。紛失した場合や、き損した場合も同様です。 大切なマイナンバーの通知カードです。必ず受け取ってください。詳細は、市ホームページを参照してください。通知カードが届かない場合は、次の2点を確認通知カードの再交付は手数料が掛かります届かなかった通知カードは市役所で一定期間保管● 内閣官房ホームページ (社会保障・税番号制度)http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/ ● 国税庁(マイナンバー特設サイト)http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/index.htm● 厚生労働省(マイナンバー特設サイト)http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062603.html● 糸島市(マイナンバー特設サイト)http://www.city.itoshima.lg.jp/soshiki/10/kojinbango-card.htmlマイナンバーキャラクターマイナちゃん~ 届いていない人は確認を ~通知カードが届かない場合(住所地にいない、不在で受け取れなかった場合)※10月以降の転入・出生・転居などは右記参照郵便局で一時保管(約1週間)▶「簡易書留ご不在連絡票(マイナンバー専用)」を 参照して、再配送や窓口受け取りをしてください。市役所で一定期間保管(約6カ月)▶本人確認書類を持参のうえ、市民課窓口で 通知カードを受け取ってください。保管期間を過ぎたら廃棄▶市民課窓口で再交付します。再交付手数料 500円が掛かります。19広報 いとしま No.142(平成27年12月1日号)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です