平成27年広報いとしま12月1日号
2/28

2No.142(平成27年12月1日号) 広報 いとしま 県内の一つの地域にスポットを当て、その地の自然、歴史、文化、風習などの背景と、そこに住む人々の魅力や悩み、希望を描くNHKの「福岡発地域ドラマ」。 13作目となる今回の舞台は「糸島市」。10月中旬から3週間、オール糸島ロケで順調に撮影が行われました。 今回のドラマは、主人公の加奈子が少女時代の1年間を糸島で過ごし、自然や生き物、そしておハルさんとの触れ合いを描いた小説『いとの森の家』(東直子著・ポプラ社)が原作。 少女時代の過去と現在を交錯させながら、35年ぶりに糸島を再訪した主人公が、糸島の豊かな自然の中でふと立ち止まり、「生きるとは何か」「本当の幸せとは何か」を考えます。加奈子(小4)(濱田ここね/左から4人目)ら子どもたちと一緒にジャムを作るおハルさん(樹木希林) 加奈子(小4)(濱田ここね/左から4人目)ら子どもたちと一緒にジャムを作るおハルさん(樹木希林) 緑に囲まれたおハルさんの家の入り口緑に囲まれたおハルさんの家の入り口糸島を舞台に描かれる「命の物語」12月4日前編金11日金NHK総合 午後8時~8時43分(九州沖縄地方)後編12月26日(土)、27日(日)午前11時~BSプレミアムで全国放送2週連続

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です