平成27年広報いとしま12月1日号
23/28

23広報 いとしま No.142(平成27年12月1日号) 11月3日、伊都文化会館で「平成27年度自治功労者等・地域活動振興奨励者表彰式」を行いました。市政の発展に長期にわたって貢献した人や、福祉・スポーツなどの活動で功績があった人など、20人と6団体を表彰しました。 月形市長は式辞で、「今日の糸島があるのは、表彰者の目に見えない社会的貢献やたゆまぬ努力があってこそ。糸島への献身的な活動の積み重ねに感謝申し上げます」と感謝の意を述べました。 受賞者代表として、諸熊芳子さんは、「身に余る光栄です。この受賞を励みに、さらなる活動に精進してまいります。」と、述べました謝辞を述べました。 また、受賞のお祝いとして、糸島高校の書道部、吹奏楽部、茶華道部がコラボレーション。ステージ上で、「書」「演奏」「華」という三位一体の作品で、受賞者を喜ばせました。2年連続世界チャンピオンの快挙自分たちの野球を貫いた成果自治功労者等・地域活動振興奨励者表彰式典書かれた書の前で行われた、吹奏楽部の演奏と茶華道部の生け花糸島高校書道部による力強いライブ書道木原裕香さん、バトントワーリングで躍進中糸島農業高校が九州高校軟式野球大会で優勝 10月27日に鹿児島で行われた「第46回九州地区高等学校軟式野球大会」決勝戦。糸島農業高校は、長崎代表の奈留高校を破り、見事優勝。11月9日に、山田種滿校長、河原弘明部長、柏原信一副部長、德重雄平監督、成田涼主将他16人が、市長室を訪問しました。 德重監督は、「打力が低い分、機動力や守りなど、自分たちの野球で勝ち抜いた」とのこと。前日にも、福岡県北部地区大会で優勝を収めた糸島農業高校。「次は、チーム一丸となって、夏の全国大会制覇が目標」と意気込みを語りました。 8月にカナダで開催された「第8回WBTFインターナショナルカップ」アーティスティックペアジュニア部門で優勝、「2015IBTFグランプリ大会」ソロトワール女子ジュニア部門で第2位に輝いた木原裕香さん(糸島高等学校1年生)。10月30日、市長室を訪れ、大会結果を報告しました。 相当な重圧の中で挑んだ今大会。予選でバトンを落とすミスもありましたが、本番では、長身を生かし、ダイナミックに満足いく演技を披露。ここ一番の強さを発揮しました。選手・マネージャーなどメンバー17人全員で、市長室を訪れた軟式野球部毎日2~3時間の練習を重ね、技に磨きをかける木原さんまちづくりへの長年の貢献を称える一人ひとりの功績が紹介され、月形市長から表彰を受ける自治功労者

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です