平成27年広報いとしま12月1日号
9/28

  今年起こった糸島の事件のように、ニセ電話詐欺は、誰の身にも起こり得ることです。 「私に限ってだまされない」という過信は危険です。犯人は、あの手この手で、言葉巧みに誘いだすプロです。しっかりした人ほどだまされやすい傾向もあるようです。まずは、ニセ電話詐欺の手口を知り、「電話でお金の話が出たら“怪しい”」とすぐに詐欺を疑いましょう。 そして、「困った!!」と感じたら、警察でも身近な人でも誰でもいいです。すぐに電話して助けを求めてください。自分の判断で言いなりになることは、とても危険です。 P8(ケース2)のように、近くにいた市民が詐欺に気付き、未然防止につながったことは大きな意味があります。高齢者の見守り、声掛けなど、皆さんの心強いご協力をお願いします。「私は大丈夫」過信は禁物!No.112広報 いとしま広報 いとしま No.142(平成27年12月1日号)9※糸島警察署では、ニセ電話詐欺などの防止を目的に、今年5月に特殊詐欺対策捜査班「糸島隼イレブン」を結成し、活動しています。これは詐欺かも!と思ったら、勇気を出して連絡を!糸島警察署 ☎(323)0110 または 糸島市消費生活センター ☎(332)2098問10月13~14日発生現行犯逮捕現行犯逮捕被害者72歳・女性ケース●3安部 英和署長糸島警察署犯人逮捕のポイントは、被害者がすぐに「怪しい。詐欺かも」と気付き警察に申し出たこと。ひとりで判断せず、誰かに相談しましょう。株で損した。手元に100万円しかない。400万円、大阪に持ってきて!こんな電話がありまして・・・それは詐欺です!私たちが付いています。ご安心ください。う、うん、わかった・・・「 詐欺未遂!現行犯逮捕!」隼イレブン(※) 陰で犯人を待ち伏せ           (大阪にて)だまされ役の女性(警察署)(一応相談してみよう)女性を狙う犯人隼イレブン出動!解説

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です